ポイントやゲーム内通貨は他人への譲渡は禁止

 

ビットコインと各種ポイントやゲーム内通貨との大きな違いとして最初に確認しておきたいのが他人への譲渡に関する項目です。一般的にポイントと呼ばれるものやゲーム内通貨は規約により他人への譲渡を禁止しています。そのため基本的に自分だけのものとして扱わなければいけないのです。譲渡禁止になっていると言うのは大きな特徴であると言えるでしょう。ここには法的な規制があると言うよりは、サービス中の規制があると考えるのが適切です。
一方でビットコインは公式に他人への譲渡を前提とした仕組みが作られています。したがって現金を使ってビットコインを購入し、ビットコインを売却して現金を入手するということが可能であると言う決まりになっている点において大きな違いがあると言えるのです。この仕組みには様々なメリットが存在しており、このメリットを活用して世界的に普及していると言う現実があります。国際的に利用することができるという点も、他にはない大きな魅力の1つであると言えるでしょう。

 

ビットコインはゲーム内通貨が進化したもの

 

ビットコインの仕組みはゲーム内通貨が進化したものであると考えている人もいます。ここで言うゲーム内通貨と言うのはオンラインゲームのことをいいます。オンラインゲームの世界ではゲーム内で通用する通貨を使って独自の経済を構築しています。本来はそのゲームの世界の中でのみ使うものであると言うものなのですが、オンラインゲームの進化に伴って現金取引が行われるようになってきました。
これはリアルマネートレードと言われており、多くのオンラインゲームが規約において禁止している行為になっていますが、ビットコインの仕組みは本質的にはこの仕組みと同じものであるといえます。現金での購入を含めて何かしらの方法でコインを入手し、そのコインを目的に応じて元気に戻すと言う仕組みがオンラインゲームの世界で行われてきたリアルマネートレードとつながるのです。これはインターネットによって世界がひとつにつながっていることにも大きく関連していると言えるでしょう。

 

ビットコインは決済も投資もでき、他人に譲渡も可能

 

ビットコインにはこれまでにはあまり一般的ではなかった他人への譲渡が可能と言う仕組みがあることから投資の対象にもなっています。世界で取引されるビットコインには相場が形成されており、その価値は日々変動しているのです。これは実際の為替相場と同じであり、取引によって利益を追求するということが可能になってきています。
決済はいつでも自由に行うことができる仕組みになっていますが、その仕組みについて十分に理解してから取引をすることが推奨されます。まだまだ法的な整備が進みつつある分野であると言う特徴がありますので、その特徴について正確に理解しておくことがとても大切になるのです。現在は非常に為替相場に似ている特徴を持っていますが全く同じであると言うわけではありません。インターネット上の取引だけではなく実際の店舗でも使うことができる環境が整いつつありますので、今後より一層の発展が期待できる分野であると言えるでしょう。