ビットコイン投資とは?その方法について

 

ビットコインとは、仮想通貨の一種で、金を超えるほど利益を生み出すことができる投資方法で、最近注目されてきています。ビットコインは、仮想通貨なので通貨の現物は存在しないです。インターネット上に存在する電子的な通貨になり、インターネット上での買い物でも使用することができます。投資方法としては、まず、取引所で購入するところから始まります。取引所としては、インターネット上に複数あるので、どこの取引所で購入するか決めます。各取引所で、手数料や扱っている通貨が違っているので、自分のスタイルにあった取引所を選ぶ事をお勧めします。購入したら、通貨としての価値があがるのを待ちます。円やドルといった他の通貨との取引も行われており、他通貨との取引状態によって、価値が上下する仕組みになっています。価値が、自分が目標としている金額まであがったら、後は、通貨を売ります。この買った時の価格と、売った時の価格差が利益となる仕組みになっています。

 

為替リスクの回避先としてのビットコイン投資する

 

ビットコインは、円やドルといった国際通貨と取引を行うこともあるのですが、為替リスクを受けにくい特徴があります。どのようなリスクかと言いますと、円やドルの通貨価値が予想と逆方向に傾いてしまった場合、その差額が損失になるというものです。例えば、1ドル100円の時にドルを購入したとします。購入後、一ケ月で、1ドル90円になった時に、ドルを売ったとします。そうすると、100円の出費に対して、利益が90円なので、10円分マイナスになります。このような為替によるリスクを被らない投資方法として注目されているのが、ビットコインで、リスク回避性が優れています。なぜ、リスクを回避できるかといいますと、取引対象が円やドルといった具合に絞られておらず、広く対象があるので、リスクが分散される為です。リスクが分散されているので、ある国で劇的な景気の変動があったとしても、損失の被害は最小限におさえられるので、安全な資産運用方法として人気があります。

 

ビットコインはレバレッジ取引も可能

 

ビットコインは、レバレッジ取引も可能です。どのような取引かといいますと、自己資産の10倍や100倍の投資資金で投資ができるというものです。このような取引をするメリットは、小さな資金で大きな利益を生み出すことができることです。例えば、ビットコインを10万円分買ったとします。売った時に、10万2000円だとすると差益は、2000円です。取引の為に、時間や手数料を使って、2000円だけだと割りにあわないのが実情です。そこでレバレッジ取引の登場です。仮に自己資金を100倍にして取引したとすると。2000円×100で、20万円の利益を生み出すことができます。自己資金を100倍にした取引は、利益も100倍になりますが、損失も100倍になります。1000円損失していた場合は、100倍の10万円損失を出してしまうことになります。こういった損失を最小限に抑えるためにも、予想と逆方向に相場が動き出したら、迅速に損切りすることをお勧めします。