ビットコイン以外の仮想通貨はたくさんある

 

現在、ビットコイン以外にも様々な仮想通貨が流通しており、アルトコインという総称で呼ばれています。例えば、イーサリアムやリップル、ライトコイン、モナーコインなどがあり、多くの利用者がいます。またビットコインの時価総額は約4兆4000億円ですが、イーサリアムは約2兆3500億円となり、普及の勢いも加速しています。一方リップルは、Ripple Inc. によって開発されている即時グロス決済システムで、通貨単位はXRPです。また各種取引所はウォレットではないため、これらのアルトコインを所有するには、それぞれウォレットが必要となります。その他、アルトコインの流動性は低いため、短期売買を行うよりも長期保有をした方がリスクが少なくなります。さらにウォレットで使用するパスワードの管理をしっかり行うことで、ハッキングなどのリスクを避けることができます。特にパスワードの使い回しは、安全性の面から見て避けるべきです。

 

仮想通貨のなかでビットコインが普及した理由

 

ビットコインは2008年10月にインタネット上で理論が公開されたのが発端ですが、その後、世界的に急激な普及を遂げました。その後、複数の仮想通貨が生まれましたが、ビットコインは個人投資家に注目されるようになり、FXのような投資対象として扱う人が増加しました。また様々な商品やサービスのような小口の決済に使えるようになり、それに伴って自分用のウォレットを保有する人が増加しました。このように利用する人が増えるにつれて、ますます流通量が増え、知名度が上がっていったのが、普及の理由です。尚、仮想通貨取引所の利用に際しては、アカウントの登録制を取り、本人確認や取引履歴の保管などを行って、安全性の高い取引が行われています。さらに取引所についても、資本金規制のような一定の基準があり、信頼できる取引所だけが活動できる仕組みになっています。ただし投資目的で取り扱う場合、株式やFX同様、全て自己責任となるので注意が必要です。

 

ビットコインで他の仮想通貨が買える世界がやってくる

 

現在、世界各地に様々な取引所が存在しますが、将来的にビットコインで他の仮想通貨が購入できる時代が訪れる見通しです。現段階では、取り扱われている仮想通貨は取引所によって異なり、全ての通貨が両替できるわけではありません。実は世界には、少なくとも800種類前後のアルトコインが存在していますが、ビットコインに次いで取引量が多いのがイーサリアムです。さらに第3位がリップル、第4位がダッシュ、そしてライトコイン、モネロ、ネムと続きます。日本では全部で11種類のアルトコインを取り扱っているところがあります。また2013年末に公開されたモナコインは、まだ流通量は少ないですが、日本産のため国内では知名度があります。ブロック作成間隔が、平均90秒と大変短いのも魅力です。その他、通貨によって特徴は様々で、両替時のレートも異なりますが、これらの通貨の全てに対応した取引システムが、今後開発されていくことが予想されます。

 

おすすめビットコイン取引所

 

ビットコイン投資するなら、以下の二つの取引所がおすすめです。
私は、この二つを使っています。

どちらも日本最大手で、テレビCMもやっている会社ですから安心してビットコイン投資を始められますよ。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerの特徴

bitFlyerは、ビットコイン取引量が日本最大級の仮想通貨取引所です。
bitFlyerはユーザ数と資本金が第一位の取引所ですから、安心して資金を預けられます。

アカウントの作成はメールアドレスだけ。
メールアドレス以外にも、facebook・YahooID・Googleアカウントでもアカウント作成は可能です。

ただし、本格的な投資や出金する場合は本人確認が必要です。
本人確認も免許証等の身分証明書があればすぐに出来てしまいます。

bitFlyerの口座開設方法を掲載しました。
私がbitFlyerに申し込んだ時の手順を載せてあります。

↓ご参考になさって下さい。
bitFlyerアカウント作成手順

価格 0円
評価 評価5
備考 アカウント作成費用・売買手数料無料!
bitFlyerの総評

取引量、ユーザ数共に日本最大級なのが一番の安心材料。

 
 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheckの特徴

ビットコイン取引所としては最大手のコインチェック。
ビットコイン以外の仮想通貨も多数取り扱っています。

私は、コインチェックが出版している本を読んでビットコインを勉強しましたので、なじみの深い仮想通貨取引所です。

Facebookもしくはメールアドレスでアカウント作成できます。
Facebookアカウントがあれば10秒もあれば登録できてしまうので、あっという間。

本人確認すると、5万円以上の出金ができるようになりますから、本人確認は最初からしておくと良いでしょう。
本人確認しないと、機能制限されてしまいますから。
後からしようと思うと面倒くさくなるので、アカウント作成と同時に本人確認しておくのが理想。

コインチェックの本人確認は、身分証明書を手にもって自撮りします。

コインチェックのアカウント作成方法を掲載しました。
私がコインチェックのアカウントをメールアドレスで作成した時の手順です。

↓参考になさってください。
コインチェックのアカウント作成手順

価格 0円
評価 評価5
備考 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所!
coincheckの総評

日本最大手の仮想通貨取引所。トレード画面が見やすいのが特徴。