ビットコインは金と同じ希少性|有限なところに価値がある

 

ビットコインの価値を高めている理由として、その数が決まっていることが挙げられ、このため例えとして金と同じと言われます。

 

ビットコインを含めた暗号通貨そのものは複製されない仕組みの暗号キーに貨幣としての機能を付与したものです。このため現実通貨の流入が多くなればなるほどその価値は上昇し続けます。一方でその数は決まっており有限であり、今後、供給される数は減少していき理論上は供給量はゼロになります。
これらは最初から発見されているものではなく、あとからマイニング(発掘)という作業によって暗号キーを見つけ出されていくことで、その数を増やしています。しかし、この数は予め数に限りがあるためで、将来的にはマイニングが不可能となり枯渇しその供給は停止されます。
その一方で、その希少性から購入する人が居続ける限りは、その価値は上昇し続けます。特に供給と需要のバランスが需要が上回り続ける限り、価値の上昇は止まることはありません。

 

ビットコインは偽装できない安全性がある

 

ビットコインを含めて暗号通貨にその価値が高まる理由のひとつに偽装できない安全性があります。この仕組みはブロックチェーンと呼ばれる技術が大きく関与しています。もともと暗号通貨は送金するための手段として登場したものであり、このさいに中央のサーバーで管理するのではなく個々のコンピューターが互いに取引台帳を参照しながらその暗号通貨の権利の移転を行います。このさいのメリット中央のサーバーで管理されず、また複数の取引台帳を参照して不正がないか確認した上で権利の移転がされるということで不正の余地がありません。この取引台帳を記録し続けるのがブロックチェーンと呼ばれる技術です。
このブロックチェーンの技術は、暗号通貨だけでなく書類の正当性を担保するためにも使われるようになっており、将来的にサーバーによる管理がなくても情報を共有するといったことに使われていくと考えられます。
いずれにしてもビットコインを含めて暗号通貨の価値を担保している理由のひとつとして偽装できない安全性が重要なウェイトを占めています。

 

信用の上に成り立つのが通貨、信用できるビットコイン

 

ビットコインが世界でもっとも価値のある仮想通貨となっている理由としては、参加者が多く流入しているお金も増え続けていること、また取引に必要な取引所も世界各国に設立されており充実していることがあります。さらに本来の目的である送金や決済の手段として使えるお店も増えており、通常のお金として使うことができるといったことが挙げられます。

 

特にこのような信用を得るようになったのは過去の取引所の不正取引事件が大きく影響しています。この不正取引事件によって多くのビットコインが詐取されていますが、この不正取引事件を契機に世界中の国で暗号通貨というものが認識されるようになり、価値のあるものと認められています。また取引所でも不正事件を契機に安心して取引できる環境を整えてきたことも、そのお金としての信用を高めている理由となっています。このため後発のものと比べても、圧倒的な優位性があり、またお金として使えるメリットが信頼される理由です。