ビットコインを取引所で購入する

 

現在、ビットコインを入手するための最も手軽な方法は取引所で購入する方法です。ビットコインは流通している通貨である米ドルやユーロと同じように取引市場があり、口座を作ることによって売買を行うことが可能になっています。本来であれば米ドルでの取引しか行えませんが、日本から利用できる取引所であれば口座を作った後に日本円を入金すれば自動的に米ドルに両替されて購入することが出来るようになっているため誰でも取引を行うことが可能です。
しかし、取引市場においては価格の上下動が激しく、一瞬目を離した隙に価格が急下降することも日常茶飯事です。そのため、取引のタイミングを誤ると価値があっという間に減額してしまうこともあるので注意が必要です。逆に、一瞬にして価格が急上昇することもありますが、価格の変動を狙ってタイミング良く取引を行うためには株取引や為替取引と同じように高度な技術が求められ、運任せでは損失が出る可能性が高いです。

 

ビットコインを誰かから送ってもらう

 

ビットコインを入手する方法として、自分で購入するのではなく誰かから送ってもらうことも可能です。仮想通貨は実際に硬貨や紙幣が発行されるわけではなく、コンピュータ上のデジタルデータとして保有しています。そのため、送信先を指定すれば送金することが出来るのです。手数料は銀行や取引所を介さないことに加えてデータ量によって決まることが多く、かなり安く設定がされています。データ量が少ない、つまり金額が少ない場合は無料という場合もあり、気軽に利用することが出来ます。
送金する方法はウォレットを使った方法が良く用いられています。コインを送る側の人間がコインを受け取る側のウォレットに向けてアドレスを送信することで移転されるのです。
とはいえ、現在のビットコインはかなり価値が高くなっていて、手数料が安いとは言え簡単に送ってもらうことは出来ません。見知らぬ他人が自分に向けて送ってくれるということはまず無いため、知り合いにお願いするといったことが必要になります。

 

マイニングで新しいビットコインを発掘する

 

ビットコインを入手する最も基本的で正統派と言える方法がマイニングする、つまり発掘することによって入手するという方法です。この方法は全ての仮想通貨において基本となる入手方法で、取引所が設立されたり送金手段が確保される前は誰もが発掘を行うことで入手していました。
発掘とは鉱山から金を採掘する様子に例えたもので、ビットコインの取引記録の認証作業を行うことです。パソコンにインストールした専用のソフトウェアが自動で行ってくれますが、稼働させるためにはマシンパワーが必要になります。当初は一般的なパソコンでも発掘が行えたものの、現在は競争が激化したことと発行枚数の上限に近づいていることで非常に難しくなり、専用のハードウェアを搭載したコンピューターでなければまともに発掘することが出来なくなっているのです。
また、コンピューターの費用に加えて莫大な電気代も発生するので、個人がマイニングを行っても利益を出すことは困難です。