日本におけるビットコインの法律

 

世界中で多くの仮想通貨が発行され始めたことによって、日本でも法律の整備が必要となり、2017年4月にいわゆる仮想通貨法というものが施行されました。
これは元々あった資金決済法を改正したもので、仮想通貨についての規定がはっきりと整備された形になっています。
ではどのように改正されたのかというと、まずは仮想通貨の定義です。今まで曖昧だったビットコインをはじめとした仮想通過が、物品の購入やサービスの提供を受けるときに、これらの代価として不特定の人に対して使用できることであったり、不特定の人を相手にして購入や売却が出来る財産的な価値であることなどが明文化されました。
また仮想通貨の交換業の定義や規制についても改正されました。今までは規制がなかった為、誰でも交換業務が行う事が可能でしたが、今後は登録が必要となります。
そしてこのようにはっきりと定義される事で、これからは日本でも仮想通貨の取引所が法律で認められる事になりました。

 

アメリカにおけるビットコインのルール

 

アメリカは日本に比べても仮想通貨の規制について割合自由な国です。利用している人も日本に比べて多く、また利用できるお店も多い為仮想通貨を便利な通過の一つそして認識している人が多いです。
ビットコインなどを扱う企業に対してもビットライセンスという規制を設けています。しかしアメリカは国土が大きい為、各州によって法律や規制がそれぞれ異なる為仮想通貨に対しての対応もそれぞれ違います。厳しい州もあれば寛容な州もあります。
では主要な都市のいくつかはどういうルールになっているのかというと、ワシントン州では仮想通貨関連サービスを行う全ての企業に新基準を設け、それには消費者の個人情報に関する開示要件が含まれています。そしてオンライン取引所の業務には業務履行の為の保証書を提出する義務が義務付けられています。
イリノイ州では、仮想通貨に関連した活動には一定の規制が設けられていますが、州の金融イノベーションに寄与するとして割合寛容です。
その一方カリフォルニア州は仮想通過に厳しく、監査機関によってライセンスを与えられない限り個人が仮想通貨でのビジネスが出来ないといった内容の法案も提出されており様々です。

 

ビットコインの会計上ルール|消費税は適用される?

 

ビットコインをはじめとした仮想通貨は会計上のルールとしてどういう扱いになっているのかというと、仮想通貨は円やドルなどといった法定通貨ではない為、会計上現金として取り扱われていません。つまり扱い的には商品券やプリペイドカードと同じ扱いになっています。
ではビットコインに消費税は適用されるのかというと、結論から言うと適用されません。正確に言うと2017年7月から仮想通貨は非課税扱いになりました。それ以前までは基本的に課税扱いでしたが、4月に法律が施行されて変わりました。
何故仮想通貨が課税扱いから非課税扱いになったのかというと、例えば仮想通貨を使用して何か物を購入する時に、日本国内では消費税8パーセントの税金が課税されるのに対して、海外では非課税だと不公平になってしまいますし、日本で仮想通貨を使うと課税分損したことになります。そうなってしまうと誰も仮想通貨を使わなくなってしまう為に世界標準と合わせた形です。