ビットコインの発行枚数上限は2100万枚

 

近年、投資家の注目を集めている仮想通貨がビットコインです。ただしこのコインの発行枚数は有限であり、具体的には2100万枚という上限が設定されています。新しいコインはマイニングの報酬として入手でき、通常は10分ごとに発行されています。また2017年1月の枚数は、すでに1600万枚以上となっています。しかしビットコインは枚数に上限があるからこそ、価値が高まるという特徴があります。そして発行ペースが定められているため、ハイパーインフレが起きるというリスクがありません。尚、この仮想通貨がリリースされたのは2009年なので、その後たった8年程度で総量の76%が流通しているという計算です。従ってこのままのペースで流通が進んでいけば、いずれ掘り尽くされます。またコインの採掘が減ると価格が上がるという見方もありますが、実際には採掘される新規コインがなくなると、資金としての価値が低下してしまうと予想されます。

 

4年に一度訪れる半減期とは?

 

ビットコインはインターネット時代の通貨革命とも言われています。ただし4年に一度訪れる半減期というものが設定されているのが特徴です。その際、コインの価値が低下するという見方もありますが、過去の事実ではこの時期の前からレートが上昇しています。またビットコインのシステムでは、一定量が採掘されるとマイニングの報酬が半減する仕組みです。尚、採掘では1ブロックあたり50BTCとなっており、210000ブロックごとに半減が起きます。さらにブロックの6929999番目の採掘が報酬の終わりと定められています。また、最初の半減期となった210000番目のブロックは、2012年11月に作られているため、このブロックに関してはすでに報酬が半減しています。そして2回目は2016年の7月です。尚、この時に半減した報酬は12.5BTCです。つまり鉱山の採掘と同様、埋蔵量が減少するにつれて、採掘しにくくなるという感覚です。

 

ビットコインは2141年にすべて掘り出される

 

ビットコインはこのままマイニングを行うと、2141年には掘り尽くされる見込みです。このままでは、その後、採掘してもビットコインは出てこなくなりますが、それを変更する提案がなされています。例えばコイン所有者の中の多数がルール変更に賛同すれば、上限枚数を変えることが可能です。実際、マイニングの報酬を確保するために、上限を3000万枚にする動きが見られます。3000万枚になれば、2141年になって掘り尽くされる心配がなくなります。また万が一、ルールが変更されなかった場合でも、これまでに採掘されたコインが全て無価値になるわけではありません。新たな発行がなくなっても、他の仮想通貨や日本円、米ドルへの両替は可能です。しかし、その際レートがどのように変動するかはまだ予測できません。また仮想通貨取引の各種手数料を増やすし、その分、採掘を行う者への報酬にするという方法も検討されています。しかしどの程度手数料を増やせば妥当なのかについては、現在検討中です。