ビットコインのスマホ専用アプリ「ウォレット」で買い物できる

 

ビットコインで買い物をするためには、ウォレットをスマートフォンもしくはパソコンにダウンロードする必要があります。
まだビットコインを持っていない人は、取引所でアカウントを開設してトレードをすることで仮想通貨を手に入れましょう。ウォレットはあくまで仮想通貨を保管するサイフのようなものであり、トレードをすることはできません。取引所でアカウントを開設したら銀行振込みなどで日本円を入金し、日本円と仮想通貨のトレードを行ってコインを手に入れましょう。
ネットショップでの決済ならパソコンでもできますが、カメラ店や飲み屋などでの決済ではスマホが必要になるでしょう。店に提示された二次元バーコードをスマホで読み込んで、パスワードを入力します。
仮想通貨は時価の変動が激しいですが、その時の時価で支払いがされます。手数料は基本的にはお店側の負担ですが、クレジットカードに比べると手数料が安いので、お店側にとってもメリットがあります。

 

国内にもビットコインで支払えるお店がある(有名店舗名を挙げて説明する)

 

ビットコインで支払いができるお店は国内にもたくさんあります。全国規模のお店ですと、ビックカメラ、メガネスーパー、コジマ、ソフマップなどが有名です。コジマやソフマップでは一部店舗のみの対応となっているようです。
東京では飲食店やバー、ホストクラブなどでも対応しているお店が増えています。実店舗で対応しているお店はまだそれほど多くはないので、対応しているというだけでも注目をあびられるという効果もあるようです。
インターネットのサイトでは、対応しているところがたくさんあります。有名どころでは、総合サイトであるDMMドットコム、総合通販サイトであるタッチモールなどがあげられるでしょう。
クレジットカードのようにポイントがつかないということがデメリットとなりますが、価格変動によって購入した時よりもお得に支払いができる可能性があるというメリットもあります。安い時に購入をしてウォレットに入れておくことがおすすめです。

 

ビットコインの「ウォレット」とはどんなもの?

 

ビットコインのウォレットとは現実の通貨でいうところのお財布であると考えておいて差し支えないです。パソコン上の財布、WEB上の財布、スマホ上の財布、専用財布端末などさまざまな種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、うまく使い分けしましょう。
パソコンにインストールするタイプの財布は、パソコンが故障したときに取り出せなくなるというリスクがあります。また、オンライン環境下のパソコンはハッキングを受ける可能性もあります。
スマホのウォレットは持ち運びができて便利であり、セキュリティ面でも比較的安全なのでおすすめです。しかし、絶対に安心というわけでもなく、スマホをなくしてしまったらビットコインも一緒に紛失してしまうというリスクがあります。多額のコインを入れておくことはおすすめができません。
なお、スマホを紛失しても復元フレーズでバックアップをとっておけば復元が可能です。
複数の財布を作っておいて、資産を分けて入れておくのが良いでしょう。