ビットコインの送金は受け取り側の公開鍵で暗号化する

 

ビットコインのような仮想通貨の場合、送金中に盗まれるのではないかと心配している方も多くいるでしょう。もちろん、何の対策もしていない状態であれば、仮想通貨を送ったときに盗まれるリスクも存在しています。そのため盗まれるリスクを下げるために、対策が行われているというのがポイントの1つです。

 

ビットコインを送金する場合、受け取り側の公開鍵で暗号化が行われています。公開鍵暗号方式を利用する最大のメリットが、鍵を持っている方にしか受け取ることができないという点です。公開という言葉があるため、誰にでも送られたお金の情報が入手できそうというイメージを持つ方もいるかもしれません。ですが公開鍵暗号方式というのは、それまで使われていた暗号方式よりも進化した暗号方式として使われているものです。

 

仮想通貨を送るときに心配を抱えているのであれば、公開鍵の暗号化はどのような仕組みなのか把握しておきましょう。仕組みを把握しておくことで、安心して利用することにつながります。

 

ビットコインの送金は送り側の秘密鍵で署名する

 

公開鍵暗号方式で送金された場合、送り側はどのような点に注意すればいいのでしょうか。その時のポイントの1つが、ビットコインの送り側は秘密鍵で署名するという点です。この仕組みを利用することによって、受け取る側が鍵となる暗号を把握していなければ、お金を送った情報を入手しても盗むことができなくなります。

 

また公開鍵と秘密鍵という2つの鍵が登場することが、安全にビットコインを送金するためのポイントとなっています。1つの鍵のみを利用している場合、1つの鍵がバレてしまった場合、お金を盗まれるリスクがあがります。ですが鍵を別に用意することによって、安全に取引できる確率が高くなるのです。

 

また鍵に関しては、パスワードという形で利用するだけではなく、デジタル署名も利用されています。このシステムがあることによって、鍵が複雑だと取引に時間がかかるというデメリットを解消し、なるべく早く取引を完了させることにつながります。

 

取引は第三者の手によってチェック・承認される

 

複数の鍵が使われているなどの対策が行われていると知っても、ビットコインの送金は不安だという方も多くいるかもしれません。実は送金の際の安全対策というのは、鍵を利用していることだけではありません。取引をする相手同士だけではなく、厳重なチェックも行われているのです。

 

個人間のやり取りだけだと、何らかの不安を抱える方もいます。ですが取引所の第三者によって、チェックが行われているとしたらどうでしょうか。第三者の目線であれば、公平な目で何らかのトラブルがないかチェックしてもらえます。そして問題がないと判断されて初めて、送金に関する手続きが承認されます。

 

チェック過程のときに何らかの情報漏洩の可能性が認められた場合、承認されることはありません。このように取引所の方がチェックすることによって、安全に取引が行えるように工夫されています。ビットコインを送金するときには、さまざまなシステムによって盗まれないようになっています。