ビットコインの送金手数料は激安!

 

日本国内から海外にお金を送付する場合、今までは銀行などの金融機関の窓口に行って、海外送金の手続きをするしかありませんでした。この方法だと、手間がかかってしまう上に、手数料が非常に高く、数千円を支払う必要がありました。送る金額が大きければあまり問題になりませんが、少額を海外に送る場合には、送る金額と同等程度の金額を金融機関に支払う必要がありました。また、窓口に行かなければならなかったので、金融機関の営業時間にも、大きな影響を受けていました。

 

しかし、ビットコインなどの仮想通貨なら、海外に送付するときの手数料は、非常に安いです。送金の際に発生する費用は、ほとんど無視できる程度です。また、金融機関で海外にお金を送付するときのような、複雑な手続きも必要ありません。個人間の送付が可能なので、金融機関の営業時間に影響されることもありません。ビットコインの運営には、人件費や管理費がかかっていないので、取引に付随する費用も小さいものです。

 

少額の海外送金ならビットコインがおすすめ

 

仮想通貨全般の送金手数料は非常に安く、国内外を問わず、金銭的負担にはほとんどなりません。送金するための操作も難しくはなく、スマートフォンやタブレット、パソコンを使える方なら、すぐに送金できるようになります。

 

ビットコインは値動きが激しいため、大きな金額を送付する際には、相手に届いたときには値下がりをしている可能性もあります。金額が大きい取引代金を、値動きが激しいもの払ってしまうと、トラブルの元となりますので推奨はされません。

 

しかし、少額の取引であれば、海外送金をする際には早くに送金ができ、手数料が安いビットコインがお勧めです。少額であれば、値動きにもあまり影響されずに、トラブルになることもありません。また、金融機関の営業時間外でも送金できるので、夜に買い物をしたとしても、すぐに送金できます。

 

仮想通貨は、海外送金をする際に、非常に安い金額で送れます。これが、仮想通貨が今後大きく広まる可能性があると言われている、理由の1つです。

 

海外送金は金額によりビットコインと銀行を使い分けよう

 

銀行などの金融機関から海外にお金を送付する場合、手数料として数千円を支払う必要があります。しかし、仮想通貨を送付する場合よりも日数はかかるものの、確実に海外の金融機関に届きます。

 

ビットコインで海外送金をする場合も、手続きや操作を間違えなければ、確実に相手に送金されます。しかし、万が一、操作を間違えるような事があれば、返ってこない可能性もあります。あまりに大きな金額を送付するには、危険性が伴う可能性はあります。

 

海外送金する金額や用途によって、使い分けることが推奨されます。少額の買い物や、少しの資金を海外に送金する場合には、早くに送付でき、手数料が安いビットコインの方を使うことが、効率的です。

 

しかし、大きな金額を、確実に海外に送金することが求められている場合は、銀行などの金融機関で送金手続きをする方が、安全で危険性はありません。仮想通貨を、従来の方法と使い分けることによって、より利便性は高まり、使いやすくなります。