ビットコインは電子マネーと同じく物理的なカードはない

 

ビットコインと電子マネーはどちらも電子データで支払いができるという点から混同する場合があります。電子マネーは電子的なデータのやり取りで決済できるシステムです。カードにあらかじめチャージするタイプのプリペイド式と、後でまとめて請求がくるポストペイ式のものがあります。プリペイド式にはSuica、Edy、WAON、nanacoなどがあり、あらかじめ非接触型ICにチャージ機を使って現金を入金(チャージ)します。Suicaはクレジットカードと連携することで、例えば残高が1万円未満になると、JR東日本の改札にタッチするだけで自動的にチャージされる、といったような機能もあります。ポストペイ式にはiDやQUICPayなどがあり、どちらもあらかじめ銀行口座を登録し、決済した金額があとでまとめて登録口座から引き落としされます。つまりプリペイド式にしろポストペイ式にしろ物理的な媒体があるのことが前提となります。ここが一番の違いといえます。

 

ビットコインは無国籍通貨、国境はない

 

仮想通貨の特徴のひとつとして、無国籍通貨ということが挙げられます。政府や中央銀行のように公的な管理者が存在しません。例えば日本の通貨である円は日本という国の信用を裏付けにして日本銀行が発行量を管理しています。SuicaやEdyなどの電子マネーも、この円という通貨を電子的に取引しているにすぎません。しかしながらビットコインには国籍がないため、通貨が高騰や暴落を繰り返してもだれも管理していないことになります。そういう意味では、利用者のみが「この通貨には価値がある」と信じていることで成り立っているとも言えます。国境がない分、世界中のどこでもスマホがあれば決済ができます。現実に決済ができるお店は世界中にあります。また一般的な通貨と違って、送金する際に銀行を通す必要がないので、個人間で直接送金することができます。円の場合は異なる銀行間で送金するには手数料がかかりますが、ビットコインの場合はこれがありません。

 

ビットコインと電子マネーの違う点

 

ビットコインと電子マネーには様々な違いがあります。
相違点まとめると、次のようになります。

 

ビットコインの特徴

  • 発行元がありません。
  • 利用できる店舗に手数料が発生しません。
  • レートが存在し24時間365日価格が変動します。
  • 個人間の送金が自由にでき、手数料がかかりません。
  • 残高はパソコン、スマホ、紙といった様々な形式のウォレットで管理します。
  • 発行に当たっては内閣総理大臣への登録が必要です。
  • 決済するにあたり国境がありません。

 

電子マネーの特徴

  • JRや楽天などの発行元があります。
  • 加盟店は発行元に手数料を支払う必要があります。
  • 1ポイント=1円といったように固定されており価格変動がありません。
  • 本人登録を行うことで本人以外の利用を制限するものがありません。
  • 残高の管理は通常物理的なカードを専用機に認識させることで行います。
  • 管理する国や中央銀行が存在しません。
  • 発行された通貨(円、ドルなど)が使用できる国に限定されます。